スポーツ鬼ごっこ

こんにちは!
ファンクリエイターズ(Fan Creators)の代表、萬田です。

 

今回は立川の鬼公園で行われた「スポーツ鬼ごっこ」についてです。

 

鬼ごっこ at 鬼公園!

企画者さんナイスアイディア!(笑)

 

スポーツ鬼ごっこ

スポーツ鬼ごっこ

 

子供の頃によく遊んだ鬼ごっこも、今やスポーツになっていました。

 

■以下のルールは、鬼ごっこ協会公式ウェブサイトより抜粋したものである。
基本ルールは以下の7つ

  1. 時間内に宝を多くゲットしたチームが勝ち。
  2. 相手の宝を取りに行きながら、自陣の宝を守る。
  3. タッチする時は、必ず両手でタッチする。
  4. Tエリアの内側に守りの選手は入ってはいけない。
  5. センターラインを越えて敵陣に入り、相手にタッチを
  6. されたら自陣のSエリアに戻り再スタート。
  7. 敵陣のSエリアに入ると相手からタッチをされない。
  8. タッチする時に、押したり、叩いたりしてはいけない。

その他

  • 試合時間:5分×2(ハーフタイム2分)
  • プレイヤー:7人制(1チーム、7~10名)
  • 審判員:主審1名・副審2名、スコアラー1名

 

エリアが限られているので

昔ながらの鬼ごっこ+ドッジボールを合わせて

2で割ったような感じです。

 

■目的は

①青少年の健全育成・体力向上

②コミニュケーション能力・チームワーク向上

③運動が苦手な子供や大人に場所を提供

④子供の考える力を鍛える

 

①であるように、実際に子供の育成を支援するために

ネスレ日本株式会社では

ネスレヘルシーキッズプログラムにて

スポーツ鬼子ごっこを次世代を担う子供達の育成の一貫として

活用しています。こういう想いのある取り組みは企業のファン作りとしても

とても有効だと考えます。

 

また、面白い取り組み事例としては

話題の婚活でも取り入れている点です。

 

②と③を合わせて大人がスポーツを通じながら

コミニュケーションを取り、出会いを探す。

これは、「スポーツ鬼ごっここん」と呼ばれ

既に品川など地域自治会などのスポーツ鬼ごっこの協会と連携して

婚活に導入されています。

 

私個人としては、④が一番良いと思っていて

これからの世界で生き残っていくためには

人工知能(AI)を持った機械と人間の差が求める世界に必ずなると

考えているため、いかに新しいアイディアを生み出し、実行できる人になれるか

それが一番重要だと考えています。

一兵士ではこれからの世界は生き残れないと真剣に思っています。

 

昔ながらの遊びも目的を持ち、ルールを決め

スポーツ化して幅広く楽しんでもらうように提供する。

とても楽しいアイディアです!

 

今回も読んで頂きありがとうございます!